万葉集361番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集361番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集361番について

歌番号

361番

原文

秋風乃|寒朝開乎|佐農能岡|将超公尓|衣借益矣

訓読

秋風の寒き朝明を佐農の岡越ゆらむ君に衣貸さましを

かな読み

あきかぜの|さむきあさけを|さぬのをか|こゆらむきみに|きぬかさましを

カタカナ読み

アキカゼノ|サムキアサケヲ|サヌノヲカ|コユラムキミニ|キヌカサマシヲ

ローマ字読み|大文字

AKIKAZENO|SAMUKIASAKEO|SANUNOKA|KOYURAMUKIMINI|KINUKASAMASHIO

ローマ字読み|小文字

akikazeno|samukiasakeo|sanunoka|koyuramukimini|kinukasamashio

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|地名|兵庫県

校異

特に無し

寛永版本

あきかぜの,[寛]あきかせの,
さむきあさけを[寛],
さぬのをか,[寛]さののをか,
こゆらむきみに[寛],
きぬかさましを[寛],

巻数

第3巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました