万葉集367番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集367番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集367番について

歌番号

367番

原文

越海乃|手結之浦<矣>|客為而|見者乏見|日本思櫃

訓読

越の海の手結が浦を旅にして見れば羨しみ大和偲ひつ

かな読み

こしのうみの|たゆひがうらを|たびにして|みればともしみ|やまとしのひつ

カタカナ読み

コシノウミノ|タユヒガウラヲ|タビニシテ|ミレバトモシミ|ヤマトシノヒツ

ローマ字読み|大文字

KOSHINOMINO|TAYUHIGAURAO|TABINISHITE|MIREBATOMOSHIMI|YAMATOSHINOHITSU

ローマ字読み|小文字

koshinomino|tayuhigaurao|tabinishite|mirebatomoshimi|yamatoshinohitsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|敦賀|福井|羈旅|望郷|地名

校異

原字不明->矣【西(訂正)】

寛永版本

こしのうみの[寛],
たゆひがうらを,[寛]たゆひのうらを,
たびにして,[寛]たひにして,
みればともしみ,[寛]みれはともしみ,
やまとしのひつ,[寛]やまとおもひつ,

巻数

第3巻

作者

笠金村

タイトルとURLをコピーしました