万葉集415番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集415番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集415番について

歌番号

415番

原文

家有者|妹之手将纒|草枕|客尓臥有|此旅人A怜

訓読

家にあらば妹が手まかむ草枕旅に臥やせるこの旅人あはれ

かな読み

いへにあらば|いもがてまかむ|くさまくら|たびにこやせる|このたびとあはれ

カタカナ読み

イヘニアラバ|イモガテマカム|クサマクラ|タビニコヤセル|コノタビトアハレ

ローマ字読み|大文字

IHENIARABA|IMOGATEMAKAMU|KUSAMAKURA|TABINIKOYASERU|KONOTABITOAHARE

ローマ字読み|小文字

iheniaraba|imogatemakamu|kusamakura|tabinikoyaseru|konotabitoahare

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|行路死人|枕詞|奈良|地名

校異

歌【西】謌|歌【西】謌|墾田【細】小墾田

寛永版本

いへにあらば,[寛]いへならは,
いもがてまかむ,[寛]いもかてまかむ,
くさまくら[寛],
たびにこやせる,[寛]たひにふしたる,
このたびとあはれ,[寛]このたひとあし,

巻数

第3巻

作者

聖徳太子

タイトルとURLをコピーしました