万葉集352番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集352番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集352番について

歌番号

352番

原文

葦邊波|鶴之哭鳴而|湖風|寒吹良武|津乎能埼羽毛

訓読

葦辺には鶴がね鳴きて港風寒く吹くらむ津乎の崎はも

かな読み

あしへには|たづがねなきて|みなとかぜ|さむくふくらむ|つをのさきはも

カタカナ読み

アシヘニハ|タヅガネナキテ|ミナトカゼ|サムクフクラム|ツヲノサキハモ

ローマ字読み|大文字

ASHIHENIHA|TAZUGANENAKITE|MINATOKAZE|SAMUKUFUKURAMU|TSUONOSAKIHAMO

ローマ字読み|小文字

ashiheniha|tazuganenakite|minatokaze|samukufukuramu|tsuonosakihamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|津乎|滋賀県|羈旅|地名|動物

校異

特に無し

寛永版本

あしへには[寛],
たづがねなきて,[寛]たつかねなきて,
みなとかぜ,[寛]みなとかせ,
さむくふくらむ,[寛]さむくふくらむ,
つをのさきはも[寛],

巻数

第3巻

作者

若湯座王

タイトルとURLをコピーしました