万葉集293番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集293番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集293番について

歌番号

293番

原文

塩干乃|三津之海女乃|久具都持|玉藻将苅|率行見

訓読

潮干の御津の海女のくぐつ持ち玉藻刈るらむいざ行きて見む

かな読み

しほひの|みつのあまの|くぐつもち|たまもかるらむ|いざゆきてみむ

カタカナ読み

シホヒノ|ミツノアマノ|クグツモチ|タマモカルラム|イザユキテミム

ローマ字読み|大文字

SHIHOHINO|MITSUNOAMANO|KUGUTSUMOCHI|TAMAMOKARURAMU|IZAYUKITEMIMU

ローマ字読み|小文字

shihohino|mitsunoamano|kugutsumochi|tamamokaruramu|izayukitemimu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|大阪|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

しほひの,[寛]しほかれの,
みつのあまの,[寛]みつのあまめの,
くぐつもち,[寛]くくつもち,
たまもかるらむ[寛],
いざゆきてみむ,[寛]いさゆきてみむ,

巻数

第3巻

作者

角麻呂

タイトルとURLをコピーしました