万葉集237番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集237番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集237番について

歌番号

237番

原文

不聴雖謂|語礼々々常|詔許曽|志斐伊波奏|強<語>登言

訓読

いなと言へど語れ語れと宣らせこそ志斐いは申せ強ひ語りと詔る

かな読み

いなといへど|かたれかたれと|のらせこそ|しひいはまをせ|しひかたりとのる

カタカナ読み

イナトイヘド|カタレカタレト|ノラセコソ|シヒイハマヲセ|シヒカタリトノル

ローマ字読み|大文字

INATOIHEDO|KATAREKATARETO|NORASEKOSO|SHIHIIHAMAOSE|SHIHIKATARITONORU

ローマ字読み|小文字

inatoihedo|katarekatareto|norasekoso|shihiihamaose|shihikataritonoru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|持統|問答

校異

話->語【紀】

寛永版本

いなといへど,[寛]いなといへと,
かたれかたれと[寛],
のらせこそ,[寛]のれはこそ,
しひいはまをせ,[寛]しひてはまうせ,
しひかたりとのる,[寛]しひこととのる,

巻数

第3巻

作者

志斐嫗

タイトルとURLをコピーしました