万葉集334番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集334番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集334番について

歌番号

334番

原文

萱草|吾紐二付|香具山乃|故去之里乎|<忘>之為

訓読

忘れ草我が紐に付く香具山の古りにし里を忘れむがため

かな読み

わすれくさ|わがひもにつく|かぐやまの|ふりにしさとを|わすれむがため

カタカナ読み

ワスレクサ|ワガヒモニツク|カグヤマノ|フリニシサトヲ|ワスレムガタメ

ローマ字読み|大文字

WASUREKUSA|WAGAHIMONITSUKU|KAGUYAMANO|FURINISHISATO|WASUREMUGATAME

ローマ字読み|小文字

wasurekusa|wagahimonitsuku|kaguyamano|furinishisato|wasuremugatame

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|太宰府|福岡|望郷|地名

校異

不忘->忘【注釈】

寛永版本

わすれくさ[寛],
わがひもにつく,[寛]わかひもにつく,
かぐやまの,[寛]かくやまの,
ふりにしさとを[寛],
わすれむがため,[寛]わすれぬかため,

巻数

第3巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました