万葉集267番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集267番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集267番について

歌番号

267番

原文

牟佐々婢波|木末求跡|足日木乃|山能佐都雄尓|相尓来鴨

訓読

むささびは木末求むとあしひきの山のさつ男にあひにけるかも

かな読み

むささびは|こぬれもとむと|あしひきの|やまのさつをに|あひにけるかも

カタカナ読み

ムササビハ|コヌレモトムト|アシヒキノ|ヤマノサツヲニ|アヒニケルカモ

ローマ字読み|大文字

MUSASABIHA|KONUREMOTOMUTO|ASHIHIKINO|YAMANOSATSUONI|AHINIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

musasabiha|konuremotomuto|ashihikino|yamanosatsuoni|ahinikerukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|猟|動物|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

むささびは,[寛]むささひは,
こぬれもとむと,[寛]こすゑもとむと,
あしひきの[寛],
やまのさつをに[寛],
あひにけるかも[寛],

巻数

第3巻

作者

志貴皇子

タイトルとURLをコピーしました