万葉集447番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集447番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集447番について

歌番号

447番

原文

鞆浦之|礒之室木|将見毎|相見之妹者|将所忘八方

訓読

鞆の浦の礒のむろの木見むごとに相見し妹は忘らえめやも

かな読み

とものうらの|いそのむろのき|みむごとに|あひみしいもは|わすらえめやも

カタカナ読み

トモノウラノ|イソノムロノキ|ミムゴトニ|アヒミシイモハ|ワスラエメヤモ

ローマ字読み|大文字

TOMONORANO|ISONOMURONOKI|MIMUGOTONI|AHIMISHIIMOHA|WASURAEMEYAMO

ローマ字読み|小文字

tomonorano|isonomuronoki|mimugotoni|ahimishiimoha|wasuraemeyamo

左注|左註

右三首過鞆浦日作歌

事項|分類・ジャンル

挽歌|亡妻挽歌|岡山|地名|天平2年12月年紀

校異

特に無し

寛永版本

とものうらの[寛],
いそのむろのき[寛],
みむごとに,[寛]みむことに,
あひみしいもは[寛],
わすらえめやも,[寛]わすられぬやも,

巻数

第3巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました