万葉集238番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集238番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集238番について

歌番号

238番

原文

大宮之|内二手所聞|網引為跡|網子調流|海人之呼聲

訓読

大宮の内まで聞こゆ網引すと網子ととのふる海人の呼び声

かな読み

おほみやの|うちまできこゆ|あびきすと|あごととのふる|あまのよびこゑ

カタカナ読み

オホミヤノ|ウチマデキコユ|アビキスト|アゴトトノフル|アマノヨビコヱ

ローマ字読み|大文字

OHOMIYANO|UCHIMADEKIKOYU|ABIKISUTO|AGOTOTONOFURU|AMANOYOBIKOE

ローマ字読み|小文字

ohomiyano|uchimadekikoyu|abikisuto|agototonofuru|amanoyobikoe

左注|左註

右一首

事項|分類・ジャンル

雑歌|大阪|地名|応詔

校異

特に無し

寛永版本

おほみやの[寛],
うちまできこゆ,[寛]うちまてきこゆ,
あびきすと,[寛]あひきすと,
あごととのふる,[寛]あこととのふる,
あまのよびこゑ,[寛]あまのよひこえ,

巻数

第3巻

作者

長意吉麻呂

タイトルとURLをコピーしました