万葉集299番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集299番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集299番について

歌番号

299番

原文

奥山之|菅葉凌|零雪乃|消者将惜|雨莫零行年

訓読

奥山の菅の葉しのぎ降る雪の消なば惜しけむ雨な降りそね

かな読み

おくやまの|すがのはしのぎ|ふるゆきの|けなばをしけむ|あめなふりそね

カタカナ読み

オクヤマノ|スガノハシノギ|フルユキノ|ケナバヲシケム|アメナフリソネ

ローマ字読み|大文字

OKUYAMANO|SUGANOHASHINOGI|FURUYUKINO|KENABAOSHIKEMU|AMENAFURISONE

ローマ字読み|小文字

okuyamano|suganohashinogi|furuyukino|kenabaoshikemu|amenafurisone

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌

校異

歌【西】謌

寛永版本

おくやまの[寛],
すがのはしのぎ,[寛]すかのはしのき,
ふるゆきの[寛],
けなばをしけむ,[寛]けなはおしけむ,
あめなふりそね,[寛]あめなふりこそ,

巻数

第3巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました