万葉集456番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集456番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集456番について

歌番号

456番

原文

君尓戀|痛毛為便奈美|蘆鶴之|哭耳所泣|朝夕四天

訓読

君に恋ひいたもすべなみ葦鶴の哭のみし泣かゆ朝夕にして

かな読み

きみにこひ|いたもすべなみ|あしたづの|ねのみしなかゆ|あさよひにして

カタカナ読み

キミニコヒ|イタモスベナミ|アシタヅノ|ネノミシナカユ|アサヨヒニシテ

ローマ字読み|大文字

KIMINIKOHI|ITAMOSUBENAMI|ASHITAZUNO|NENOMISHINAKAYU|ASAYOHINISHITE

ローマ字読み|小文字

kiminikohi|itamosubenami|ashitazuno|nenomishinakayu|asayohinishite

左注|左註

右五首資人<余>明軍不勝犬馬之慕心中感緒作歌

事項|分類・ジャンル

挽歌|大伴旅人|奈良|地名|枕詞|動物|天平3年7月年紀

校異

特に無し

寛永版本

きみにこひ[寛],
いたもすべなみ,[寛]いともすへなみ,
あしたづの,[寛]あしたつの,
ねのみしなかゆ,[寛]ねのみなかるる,
あさよひにして[寛],

巻数

第3巻

作者

余明軍

タイトルとURLをコピーしました