万葉集322番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集322番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集322番について

歌番号

322番

原文

皇神祖之|神乃御言<乃>|敷座|國之盡|湯者霜|左波尓雖在|嶋山之|宣國跡|極此<疑>|伊豫能高嶺乃|射狭庭乃|崗尓立而|歌思|辞思為師|三湯之上乃|樹村乎見者|臣木毛|生継尓家里|鳴鳥之|音毛不更|遐代尓|神左備将徃|行幸處

訓読

すめろきの|神の命の|敷きませる|国のことごと|湯はしも|さはにあれども|島山の|宣しき国と|こごしかも|伊予の高嶺の|射狭庭の|岡に立たして|歌思ひ|辞思はしし|み湯の上の|木群を見れば|臣の木も|生ひ継ぎにけり|鳴く鳥の|声も変らず|遠き代に|神さびゆかむ|幸しところ

かな読み

すめろきの|かみのみことの|しきませる|くにのことごと|ゆはしも|さはにあれども|しまやまの|よろしきくにと|こごしかも|いよのたかねの|いざにはの|をかにたたして|うたおもひ|ことおもはしし|みゆのうへの|こむらをみれば|おみのきも|おひつぎにけり|なくとりの|こゑもかはらず|とほきよに|かむさびゆかむ|いでましところ

カタカナ読み

スメロキノ|カミノミコトノ|シキマセル|クニノコトゴト|ユハシモ|サハニアレドモ|シマヤマノ|ヨロシキクニト|コゴシカモ|イヨノタカネノ|イザニハノ|ヲカニタタシテ|ウタオモヒ|コトオモハシシ|ミユノウヘノ|コムラヲミレバ|オミノキモ|オヒツギニケリ|ナクトリノ|コヱモカハラズ|トホキヨニ|カムサビユカム|イデマシトコロ

ローマ字読み|大文字

SUMEROKINO|KAMINOMIKOTONO|SHIKIMASERU|KUNINOKOTOGOTO|YUHASHIMO|SAHANIAREDOMO|SHIMAYAMANO|YOROSHIKIKUNITO|KOGOSHIKAMO|IYONOTAKANENO|IZANIHANO|OKANITATASHITE|UTAOMOHI|KOTOMOHASHISHI|MIYUNOHENO|KOMURAOMIREBA|OMINOKIMO|OHITSUGINIKERI|NAKUTORINO|KOEMOKAHARAZU|TOHOKIYONI|KAMUSABIYUKAMU|IDEMASHITOKORO

ローマ字読み|小文字

sumerokino|kaminomikotono|shikimaseru|kuninokotogoto|yuhashimo|sahaniaredomo|shimayamano|yoroshikikunito|kogoshikamo|iyonotakaneno|izanihano|okanitatashite|utaomohi|kotomohashishi|miyunoheno|komuraomireba|ominokimo|ohitsuginikeri|nakutorino|koemokaharazu|tohokiyoni|kamusabiyukamu|idemashitokoro

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|伊予温泉|道後温泉|愛媛|羈旅|植物|地名|国見|土地讃美

校異

短歌【西】短謌|->乃【西(右書)】【紀】【温】|凝->疑【細】|崗【紀】【細】(塙)岡|歌【西】謌【西(右書)】歌【全註釈】(塙)(楓)敲

寛永版本

すめろきの[寛],
かみのみことの[寛],
しきませる,[寛]しきます,
くにのことごと,[寛]くにしれ,
ゆはしも[寛],
さはにあれども,[寛]さはにあれとも,
しまやまの[寛],
よろしきくにと[寛],
こごしかも,[寛]ここしき,
いよのたかねの[寛],
いざにはの,[寛]いをにはの,
をかにたたして[寛],
うたおもひ,[寛]うたふおもひ,
ことおもはしし,[寛]いふおもひせし,
みゆのうへの[寛],
こむらをみれば,[寛]こむらをみれは,
おみのきも[寛],
おひつぎにけり,[寛]おひつきにけり,
なくとりの[寛],
こゑもかはらず,[寛]こゑもかはらす,
とほきよに[寛],
かむさびゆかむ,[寛]かみさひゆかむ,
いでましところ,[寛]みゆきしところ,

巻数

第3巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました