万葉集425番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集425番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集425番について

歌番号

425番

原文

河風|寒長谷乎|歎乍|公之阿流久尓|似人母逢耶

訓読

川風の寒き泊瀬を嘆きつつ君が歩くに似る人も逢へや

かな読み

かはかぜの|さむきはつせを|なげきつつ|きみがあるくに|にるひともあへや

カタカナ読み

カハカゼノ|サムキハツセヲ|ナゲキツツ|キミガアルクニ|ニルヒトモアヘヤ

ローマ字読み|大文字

KAHAKAZENO|SAMUKIHATSUSEO|NAGEKITSUTSU|KIMIGAARUKUNI|NIRUHITOMOAHEYA

ローマ字読み|小文字

kahakazeno|samukihatsuseo|nagekitsutsu|kimigaarukuni|niruhitomoaheya

左注|左註

右二首者或云紀皇女薨後山前<王>代石田王作之也

事項|分類・ジャンル

挽歌|石田王|異伝|難解|桜井|地名

校異

->王【西(右書)】【古】【矢】

寛永版本

かはかぜの,[寛]かはかせの,
さむきはつせを[寛],
なげきつつ,[寛]なけきつつ,
きみがあるくに,[寛]きみかあるくに,
にるひともあへや[寛],

巻数

第3巻

作者

山前王

タイトルとURLをコピーしました