万葉集423番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集423番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集423番について

歌番号

423番

原文

角障經|石村之道乎|朝不離|将歸人乃|念乍|通計萬<口>波|霍公鳥|鳴五月者|菖蒲|花橘乎|玉尓貫|[一云|貫交]|蘰尓将為登|九月能|四具礼能時者|黄葉乎|折挿頭跡|延葛乃|弥遠永|[一云|田葛根乃|弥遠長尓]|萬世尓|不絶等念而|[一云|大舟之|念憑而]|将通|君乎婆明日従|[一云|君乎従明日<者>]|外尓可聞見牟

訓読

つのさはふ|磐余の道を|朝さらず|行きけむ人の|思ひつつ|通ひけまくは|霍公鳥|鳴く五月には|あやめぐさ|花橘を|玉に貫き|[一云|貫き交へ]|かづらにせむと|九月の|しぐれの時は|黄葉を|折りかざさむと|延ふ葛の|いや遠長く|[一云|葛の根の|いや遠長に]|万代に|絶えじと思ひて|[一云|大船の|思ひたのみて]|通ひけむ|君をば明日ゆ|[一云|君を明日ゆは]|外にかも見む

かな読み

つのさはふ|いはれのみちを|あささらず|ゆきけむひとの|おもひつつ|かよひけまくは|ほととぎす|なくさつきには|あやめぐさ|はなたちばなを|たまにぬき|[ぬきまじへ]|かづらにせむと|ながつきの|しぐれのときは|もみちばを|をりかざさむと|はふくずの|いやとほながく|[くずのねの|いやとほながに]|よろづよに|たえじとおもひて|[おほぶねの|おもひたのみて]|かよひけむ|きみをばあすゆ|[きみをあすゆは]|よそにかもみむ

カタカナ読み

ツノサハフ|イハレノミチヲ|アササラズ|ユキケムヒトノ|オモヒツツ|カヨヒケマクハ|ホトトギス|ナクサツキニハ|アヤメグサ|ハナタチバナヲ|タマニヌキ|[ヌキマジヘ]|カヅラニセムト|ナガツキノ|シグレノトキハ|モミチバヲ|ヲリカザサムト|ハフクズノ|イヤトホナガク|[クズノネノ|イヤトホナガニ]|ヨロヅヨニ|タエジトオモヒテ|[オホブネノ|オモヒタノミテ]|カヨヒケム|キミヲバアスユ|[キミヲアスユハ]|ヨソニカモミム

ローマ字読み|大文字

TSUNOSAHAFU|IHARENOMICHIO|ASASARAZU|YUKIKEMUHITONO|OMOHITSUTSU|KAYOHIKEMAKUHA|HOTOTOGISU|NAKUSATSUKINIHA|AYAMEGUSA|HANATACHIBANAO|TAMANINUKI|[NUKIMAJIHE]|KAZURANISEMUTO|NAGATSUKINO|SHIGURENOTOKIHA|MOMICHIBAO|ORIKAZASAMUTO|HAFUKUZUNO|IYATOHONAGAKU|[KUZUNONENO|IYATOHONAGANI]|YOROZUYONI|TAEJITOMOHITE|[OHOBUNENO|OMOHITANOMITE]|KAYOHIKEMU|KIMIOBAASUYU|[KIMIOASUYUHA]|YOSONIKAMOMIMU

ローマ字読み|小文字

tsunosahafu|iharenomichio|asasarazu|yukikemuhitono|omohitsutsu|kayohikemakuha|hototogisu|nakusatsukiniha|ayamegusa|hanatachibanao|tamaninuki|[nukimajihe]|kazuranisemuto|nagatsukino|shigurenotokiha|momichibao|orikazasamuto|hafukuzuno|iyatohonagaku|[kuzunoneno|iyatohonagani]|yorozuyoni|taejitomohite|[ohobuneno|omohitanomite]|kayohikemu|kimiobaasuyu|[kimioasuyuha]|yosonikamomimu

左注|左註

右一首或云柿本朝臣人麻呂作

事項|分類・ジャンル

挽歌|石田王|異伝|枕詞|桜井|地名|代作

校異

歌【西】謌|石->口【類】【古】|香->者【類】【古】【紀】

寛永版本

つのさはふ[寛],
いはれのみちを,[寛]いはむらのみちを,
あささらず,[寛]あさかれす,
ゆきけむひとの,[寛]よりけむひとの,
おもひつつ[寛],
かよひけまくは,[寛]かよひけましは,
ほととぎす,[寛]ほとときす,
なくさつきには[寛],
あやめぐさ,[寛]あやめくさ,
はなたちばなを,[寛]はなたちはなを,
たまにぬき[寛],
[ぬきまじへ],
かづらにせむと,[寛]かつらにせむと,
ながつきの,[寛]なかつきの,
しぐれのときは,[寛]しくれのときは,
もみちばを,[寛]もちはを,
をりかざさむと,[寛]をりてかさすと,
はふくずの,[寛]はふくすの,
いやとほながく,[寛]いやとほなかく,
[くずのねの,
いやとほながに],
よろづよに,[寛]よろつよに,
たえじとおもひて,[寛]たえしとおもひて,
[おほぶねの,
おもひたのみて],
かよひけむ[寛],
きみをばあすゆ,[寛]きみをはあすより,
[きみをあすゆは],
よそにかもみむ[寛],

巻数

第3巻

作者

山前王|柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました