万葉集432番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集432番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集432番について

歌番号

432番

原文

吾毛見都|人尓毛将告|勝壮鹿之|間<々>能手兒名之|奥津城處

訓読

我れも見つ人にも告げむ勝鹿の真間の手児名が奥つ城ところ

かな読み

われもみつ|ひとにもつげむ|かつしかの|ままのてごなが|おくつきところ

カタカナ読み

ワレモミツ|ヒトニモツゲム|カツシカノ|ママノテゴナガ|オクツキトコロ

ローマ字読み|大文字

WAREMOMITSU|HITONIMOTSUGEMU|KATSUSHIKANO|MAMANOTEGONAGA|OKUTSUKITOKORO

ローマ字読み|小文字

waremomitsu|hitonimotsugemu|katsushikano|mamanotegonaga|okutsukitokoro

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|真間娘子|葛飾|東京|地名|鎮魂

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|間->々【類】【古】【紀】

寛永版本

われもみつ[寛],
ひとにもつげむ,[寛]ひとにもつけむ,
かつしかの[寛],
ままのてごなが,[寛]ままのてこなか,
おくつきところ[寛],

巻数

第3巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました