万葉集302番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集302番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集302番について

歌番号

302番

原文

兒等之家道|差間遠焉|野干<玉>乃|夜渡月尓|競敢六鴨

訓読

子らが家道やや間遠きをぬばたまの夜渡る月に競ひあへむかも

かな読み

こらがいへぢ|ややまどほきを|ぬばたまの|よわたるつきに|きほひあへむかも

カタカナ読み

コラガイヘヂ|ヤヤマドホキヲ|ヌバタマノ|ヨワタルツキニ|キホヒアヘムカモ

ローマ字読み|大文字

KORAGAIHEJI|YAYAMADOHOKIO|NUBATAMANO|YOWATARUTSUKINI|KIHOHIAHEMUKAMO

ローマ字読み|小文字

koragaiheji|yayamadohokio|nubatamano|yowatarutsukini|kihohiahemukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|恋愛

校異

歌【西】謌|子->玉【西(左書)】【類】【細】

寛永版本

こらがいへぢ,[寛]こらかいへち,
ややまどほきを,[寛]ややまとほきを,
ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
よわたるつきに[寛],
きほひあへむかも[寛],

巻数

第3巻

作者

阿倍広庭

タイトルとURLをコピーしました