万葉集441番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集441番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集441番について

歌番号

441番

原文

大皇之|命恐|大荒城乃|時尓波不有跡|雲隠座

訓読

大君の命畏み大殯の時にはあらねど雲隠ります

かな読み

おほきみの|みことかしこみ|おほあらきの|ときにはあらねど|くもがくります

カタカナ読み

オホキミノ|ミコトカシコミ|オホアラキノ|トキニハアラネド|クモガクリマス

ローマ字読み|大文字

OHOKIMINO|MIKOTOKASHIKOMI|OHOARAKINO|TOKINIHAARANEDO|KUMOGAKURIMASU

ローマ字読み|小文字

ohokimino|mikotokashikomi|ohoarakino|tokinihaaranedo|kumogakurimasu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|長屋王|神龜6年年紀

校異

歌【西】謌|大【紀】天

寛永版本

おほきみの,[寛]すめろきの,
みことかしこみ[寛],
おほあらきの[寛],
ときにはあらねど,[寛]ときにはあらねと,
くもがくります,[寛]くもかくれます,

巻数

第3巻

作者

倉橋部女王

タイトルとURLをコピーしました