万葉集290番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集290番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集290番について

歌番号

290番

原文

椋橋乃|山乎高可|夜隠尓|出来月乃|光乏寸

訓読

倉橋の山を高みか夜隠りに出で来る月の光乏しき

かな読み

くらはしの|やまをたかみか|よごもりに|いでくるつきの|ひかりともしき

カタカナ読み

クラハシノ|ヤマヲタカミカ|ヨゴモリニ|イデクルツキノ|ヒカリトモシキ

ローマ字読み|大文字

KURAHASHINO|YAMAOTAKAMIKA|YOGOMORINI|IDEKURUTSUKINO|HIKARITOMOSHIKI

ローマ字読み|小文字

kurahashino|yamaotakamika|yogomorini|idekurutsukino|hikaritomoshiki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|初瀬|地名

校異

特に無し

寛永版本

くらはしの[寛],
やまをたかみか[寛],
よごもりに,[寛]よこもりに,
いでくるつきの,[寛]いてくるつきの,
ひかりともしき[寛],

巻数

第3巻

作者

間人大浦

タイトルとURLをコピーしました