万葉集295番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集295番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集295番について

歌番号

295番

原文

清江乃|木笶松原|遠神|我王之|幸行處

訓読

住吉の岸の松原遠つ神我が大君の幸しところ

かな読み

すみのえの|きしのまつばら|とほつかみ|わがおほきみの|いでましところ

カタカナ読み

スミノエノ|キシノマツバラ|トホツカミ|ワガオホキミノ|イデマシトコロ

ローマ字読み|大文字

SUMINOENO|KISHINOMATSUBARA|TOHOTSUKAMI|WAGAOHOKIMINO|IDEMASHITOKORO

ローマ字読み|小文字

suminoeno|kishinomatsubara|tohotsukami|wagaohokimino|idemashitokoro

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|大阪|地名|枕詞

校異

木【紀】野木

寛永版本

すみのえの[寛],
きしのまつばら,[寛]きしのまつはら,
とほつかみ[寛],
わがおほきみの,[寛]わかおほきみの,
いでましところ,[寛]みゆきしところ,

巻数

第3巻

作者

角麻呂

タイトルとURLをコピーしました