万葉集365番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集365番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集365番について

歌番号

365番

原文

塩津山|打越去者|我乗有|馬曽爪突|家戀良霜

訓読

塩津山打ち越え行けば我が乗れる馬ぞつまづく家恋ふらしも

かな読み

しほつやま|うちこえゆけば|あがのれる|うまぞつまづく|いへこふらしも

カタカナ読み

シホツヤマ|ウチコエユケバ|アガノレル|ウマゾツマヅク|イヘコフラシモ

ローマ字読み|大文字

SHIHOTSUYAMA|UCHIKOEYUKEBA|AGANORERU|UMAZOTSUMAZUKU|IHEKOFURASHIMO

ローマ字読み|小文字

shihotsuyama|uchikoeyukeba|aganoreru|umazotsumazuku|ihekofurashimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|滋賀県|羈旅|地名

校異

特に無し

寛永版本

しほつやま[寛],
うちこえゆけば,[寛]うちこえゆけは,
あがのれる,[寛]わかのれる,
うまぞつまづく,[寛]うまそつまつく,
いへこふらしも[寛],

巻数

第3巻

作者

笠金村

タイトルとURLをコピーしました