万葉集313番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集313番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集313番について

歌番号

313番

原文

見吉野之|瀧乃白浪|雖不知|語之告者|古所念

訓読

み吉野の滝の白波知らねども語りし継げばいにしへ思ほゆ

かな読み

みよしのの|たきのしらなみ|しらねども|かたりしつげば|いにしへおもほゆ

カタカナ読み

ミヨシノノ|タキノシラナミ|シラネドモ|カタリシツゲバ|イニシヘオモホユ

ローマ字読み|大文字

MIYOSHINONO|TAKINOSHIRANAMI|SHIRANEDOMO|KATARISHITSUGEBA|INISHIHEOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

miyoshinono|takinoshiranami|shiranedomo|katarishitsugeba|inishiheomohoyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉野|地名

校異

特に無し

寛永版本

みよしのの[寛],
たきのしらなみ[寛],
しらねども,[寛]しらねとも,
かたりしつげば,[寛]かたりしつけは,
いにしへおもほゆ,[寛]むかしおもほゆ,

巻数

第3巻

作者

土理宣令

タイトルとURLをコピーしました