万葉集317番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集317番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集317番について

歌番号

317番

原文

天地之|分時従|神左備手|高貴寸|駿河有|布士能高嶺乎|天原|振放見者|度日之|陰毛隠比|照月乃|光毛不見|白雲母|伊去波伐加利|時自久曽|雪者落家留|語告|言継将徃|不盡能高嶺者

訓読

天地の|別れし時ゆ|神さびて|高く貴き|駿河なる|富士の高嶺を|天の原|振り放け見れば|渡る日の|影も隠らひ|照る月の|光も見えず|白雲も|い行きはばかり|時じくぞ|雪は降りける|語り継ぎ|言ひ継ぎ行かむ|富士の高嶺は

かな読み

あめつちの|わかれしときゆ|かむさびて|たかくたふとき|するがなる|ふじのたかねを|あまのはら|ふりさけみれば|わたるひの|かげもかくらひ|てるつきの|ひかりもみえず|しらくもも|いゆきはばかり|ときじくぞ|ゆきはふりける|かたりつぎ|いひつぎゆかむ|ふじのたかねは

カタカナ読み

アメツチノ|ワカレシトキユ|カムサビテ|タカクタフトキ|スルガナル|フジノタカネヲ|アマノハラ|フリサケミレバ|ワタルヒノ|カゲモカクラヒ|テルツキノ|ヒカリモミエズ|シラクモモ|イユキハバカリ|トキジクゾ|ユキハフリケル|カタリツギ|イヒツギユカム|フジノタカネハ

ローマ字読み|大文字

AMETSUCHINO|WAKARESHITOKIYU|KAMUSABITE|TAKAKUTAFUTOKI|SURUGANARU|FUJINOTAKANEO|AMANOHARA|FURISAKEMIREBA|WATARUHINO|KAGEMOKAKURAHI|TERUTSUKINO|HIKARIMOMIEZU|SHIRAKUMOMO|IYUKIHABAKARI|TOKIJIKUZO|YUKIHAFURIKERU|KATARITSUGI|IHITSUGIYUKAMU|FUJINOTAKANEHA

ローマ字読み|小文字

ametsuchino|wakareshitokiyu|kamusabite|takakutafutoki|suruganaru|fujinotakaneo|amanohara|furisakemireba|wataruhino|kagemokakurahi|terutsukino|hikarimomiezu|shirakumomo|iyukihabakari|tokijikuzo|yukihafurikeru|kataritsugi|ihitsugiyukamu|fujinotakaneha

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|富士山|静岡|地名|土地讃美|羈旅

校異

歌【西】謌|短歌【西】短謌

寛永版本

あめつちの[寛],
わかれしときゆ,[寛]
かむさびて,[寛]かみさひて,
たかくたふとき[寛],
するがなる,[寛]するかなる,
ふじのたかねを,[寛]ふしのたかねを,
あまのはら[寛],
ふりさけみれば,[寛]ふりさけみれは,
わたるひの[寛],
かげもかくらひ,[寛]かけもかくろひ,
てるつきの[寛],
ひかりもみえず,[寛]ひかりもみえす,
しらくもも[寛],
いゆきはばかり,[寛]いゆきははかり,
ときじくぞ,[寛]ときしくそ,
ゆきはふりける[寛],
かたりつぎ,[寛]かたりつき,
いひつぎゆかむ,[寛]いひつきゆかむ,
ふじのたかねは,[寛]ふしのたかねは,

巻数

第3巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました