万葉集411番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集411番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集411番について

歌番号

411番

原文

吾妹兒之|屋前之橘|甚近|殖而師故二|不成者不止

訓読

我妹子がやどの橘いと近く植ゑてし故にならずはやまじ

かな読み

わぎもこが|やどのたちばな|いとちかく|うゑてしゆゑに|ならずはやまじ

カタカナ読み

ワギモコガ|ヤドノタチバナ|イトチカク|ウヱテシユヱニ|ナラズハヤマジ

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKOGA|YADONOTACHIBANA|ITOCHIKAKU|UETESHIYUENI|NARAZUHAYAMAJI

ローマ字読み|小文字

wagimokoga|yadonotachibana|itochikaku|ueteshiyueni|narazuhayamaji

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|植物

校異

歌【西】謌

寛永版本

わぎもこが,[寛]わきもこか,
やどのたちばな,[寛]やとのたちはな,
いとちかく,[寛]いとちかし,
うゑてしゆゑに[寛],
ならずはやまじ,[寛]ならすはやまし,

巻数

第3巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました