万葉集391番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集391番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集391番について

歌番号

391番

原文

鳥総立|足柄山尓|船木伐|樹尓伐歸都|安多良船材乎

訓読

鳥総立て足柄山に船木伐り木に伐り行きつあたら船木を

かな読み

とぶさたて|あしがらやまに|ふなぎきり|きにきりゆきつ|あたらふなぎを

カタカナ読み

トブサタテ|アシガラヤマニ|フナギキリ|キニキリユキツ|アタラフナギヲ

ローマ字読み|大文字

TOBUSATATE|ASHIGARAYAMANI|FUNAGIKIRI|KINIKIRIYUKITSU|ATARAFUNAGIO

ローマ字読み|小文字

tobusatate|ashigarayamani|funagikiri|kinikiriyukitsu|atarafunagio

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|地名|太宰府|福岡

校異

特に無し

寛永版本

とぶさたて,[寛]とふさたて,
あしがらやまに,[寛]あしからやまに,
ふなぎきり,[寛]ふなききり,
きにきりゆきつ,[寛]きにきりよせつ,
あたらふなぎを,[寛]あたらふなきそ,

巻数

第3巻

作者

沙弥満誓

タイトルとURLをコピーしました