万葉集265番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集265番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集265番について

歌番号

265番

原文

苦毛|零来雨可|神之埼|狭野乃渡尓|家裳不有國

訓読

苦しくも降り来る雨か三輪の崎狭野の渡りに家もあらなくに

かな読み

くるしくも|ふりくるあめか|みわのさき|さののわたりに|いへもあらなくに

カタカナ読み

クルシクモ|フリクルアメカ|ミワノサキ|サノノワタリニ|イヘモアラナクニ

ローマ字読み|大文字

KURUSHIKUMO|FURIKURUAMEKA|MIWANOSAKI|SANONOWATARINI|IHEMOARANAKUNI

ローマ字読み|小文字

kurushikumo|furikuruameka|miwanosaki|sanonowatarini|ihemoaranakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|和歌山|苦難|地名

校異

特に無し

寛永版本

くるしくも[寛],
ふりくるあめか[寛],
みわのさき[寛],
さののわたりに[寛],
いへもあらなくに[寛],

巻数

第3巻

作者

長意吉麻呂

タイトルとURLをコピーしました