万葉集396番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集396番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集396番について

歌番号

396番

原文

陸奥之|真野乃草原|雖遠|面影為而|所見云物乎

訓読

陸奥の真野の草原遠けども面影にして見ゆといふものを

かな読み

みちのくの|まののかやはら|とほけども|おもかげにして|みゆといふものを

カタカナ読み

ミチノクノ|マノノカヤハラ|トホケドモ|オモカゲニシテ|ミユトイフモノヲ

ローマ字読み|大文字

MICHINOKUNO|MANONOKAYAHARA|TOHOKEDOMO|OMOKAGENISHITE|MIYUTOIFUMONO

ローマ字読み|小文字

michinokuno|manonokayahara|tohokedomo|omokagenishite|miyutoifumono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|大伴家持|恋愛|地名|贈答

校異

特に無し

寛永版本

みちのくの[寛],
まののかやはら[寛],
とほけども,[寛]とほけれと,
おもかげにして,[寛]おもかけにして,
みゆといふものを[寛],

巻数

第3巻

作者

笠郎女

タイトルとURLをコピーしました