万葉集397番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集397番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集397番について

歌番号

397番

原文

奥山之|磐本菅乎|根深目手|結之情|忘不得裳

訓読

奥山の岩本菅を根深めて結びし心忘れかねつも

かな読み

おくやまの|いはもとすげを|ねふかめて|むすびしこころ|わすれかねつも

カタカナ読み

オクヤマノ|イハモトスゲヲ|ネフカメテ|ムスビシココロ|ワスレカネツモ

ローマ字読み|大文字

OKUYAMANO|IHAMOTOSUGEO|NEFUKAMETE|MUSUBISHIKOKORO|WASUREKANETSUMO

ローマ字読み|小文字

okuyamano|ihamotosugeo|nefukamete|musubishikokoro|wasurekanetsumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|大伴家持|恋愛|植物|序詞|贈答

校異

特に無し

寛永版本

おくやまの[寛],
いはもとすげを,[寛]いはもとすけを,
ねふかめて[寛],
むすびしこころ,[寛]むすひしこころ,
わすれかねつも[寛],

巻数

第3巻

作者

笠郎女

タイトルとURLをコピーしました