万葉集371番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集371番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集371番について

歌番号

371番

原文

飫海乃|河原之乳鳥|汝鳴者|吾佐保河乃|所念國

訓読

意宇の海の河原の千鳥汝が鳴けば我が佐保川の思ほゆらくに

かな読み

おうのうみの|かはらのちどり|ながなけば|わがさほかはの|おもほゆらくに

カタカナ読み

オウノウミノ|カハラノチドリ|ナガナケバ|ワガサホカハノ|オモホユラクニ

ローマ字読み|大文字

ONOMINO|KAHARANOCHIDORI|NAGANAKEBA|WAGASAHOKAHANO|OMOHOYURAKUNI

ローマ字読み|小文字

onomino|kaharanochidori|naganakeba|wagasahokahano|omohoyurakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|望郷|地名|動物

校異

特に無し

寛永版本

おうのうみの[寛],
かはらのちどり,[寛]かはらのちとり,
ながなけば,[寛]なかなけは,
わがさほかはの,[寛]わかさほかはの,
おもほゆらくに[寛],

巻数

第3巻

作者

門部王

タイトルとURLをコピーしました