万葉集335番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集335番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集335番について

歌番号

335番

原文

吾行者|久者不有|夢乃和太|湍者不成而|淵有<乞>

訓読

我が行きは久にはあらじ夢のわだ瀬にはならずて淵にありこそ

かな読み

わがゆきは|ひさにはあらじ|いめのわだ|せにはならずて|ふちにありこそ

カタカナ読み

ワガユキハ|ヒサニハアラジ|イメノワダ|セニハナラズテ|フチニアリコソ

ローマ字読み|大文字

WAGAYUKIHA|HISANIHAARAJI|IMENOWADA|SENIHANARAZUTE|FUCHINIARIKOSO

ローマ字読み|小文字

wagayukiha|hisanihaaraji|imenowada|senihanarazute|fuchiniarikoso

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|太宰府|福岡|望郷|地名

校異

毛->乞【古義】

寛永版本

わがゆきは,[寛]わかゆきは,
ひさにはあらじ,[寛]ひさにはあらし,
いめのわだ,[寛]ここのわた,
せにはならずて,[寛]せとはならすて,
ふちにありこそ,[寛]ふちとありとも,

巻数

第3巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました