万葉集246番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集246番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集246番について

歌番号

246番

原文

葦北乃|野坂乃浦従|船出為而|水嶋尓将去|浪立莫勤

訓読

芦北の野坂の浦ゆ船出して水島に行かむ波立つなゆめ

かな読み

あしきたの|のさかのうらゆ|ふなでして|みづしまにゆかむ|なみたつなゆめ

カタカナ読み

アシキタノ|ノサカノウラユ|フナデシテ|ミヅシマニユカム|ナミタツナユメ

ローマ字読み|大文字

ASHIKITANO|NOSAKANORAYU|FUNADESHITE|MIZUSHIMANIYUKAMU|NAMITATSUNAYUME

ローマ字読み|小文字

ashikitano|nosakanorayu|funadeshite|mizushimaniyukamu|namitatsunayume

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|水俣|熊本|地名

校異

特に無し

寛永版本

あしきたの[寛],
のさかのうらゆ,[寛]のさかのうらに,
ふなでして,[寛]ふなてして,
みづしまにゆかむ,[寛]みつしまにゆかむ,
なみたつなゆめ[寛],

巻数

第3巻

作者

長田王

タイトルとURLをコピーしました