万葉集310番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集310番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集310番について

歌番号

310番

原文

東|市之殖木乃|木足左右|不相久美|宇倍<戀>尓家利

訓読

東の市の植木の木垂るまで逢はず久しみうべ恋ひにけり

かな読み

ひむがしの|いちのうゑきの|こだるまで|あはずひさしみ|うべこひにけり

カタカナ読み

ヒムガシノ|イチノウヱキノ|コダルマデ|アハズヒサシミ|ウベコヒニケリ

ローマ字読み|大文字

HIMUGASHINO|ICHINOUEKINO|KODARUMADE|AHAZUHISASHIMI|UBEKOHINIKERI

ローマ字読み|小文字

himugashino|ichinouekino|kodarumade|ahazuhisashimi|ubekohinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|東市|奈良都|植物

校異

吾戀->戀【類】【紀】

寛永版本

ひむがしの,[寛]ひむかしの,
いちのうゑきの,[寛]いちのうえきの,
こだるまで,[寛]こたるまて,
あはずひさしみ,[寛]あはぬきみうへ,
うべこひにけり,[寛]われこひにけり,

巻数

第3巻

作者

門部王

タイトルとURLをコピーしました