万葉集289番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集289番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集289番について

歌番号

289番

原文

天原|振離見者|白真弓|張而懸有|夜路者将吉

訓読

天の原振り放け見れば白真弓張りて懸けたり夜道はよけむ

かな読み

あまのはら|ふりさけみれば|しらまゆみ|はりてかけたり|よみちはよけむ

カタカナ読み

アマノハラ|フリサケミレバ|シラマユミ|ハリテカケタリ|ヨミチハヨケム

ローマ字読み|大文字

AMANOHARA|FURISAKEMIREBA|SHIRAMAYUMI|HARITEKAKETARI|YOMICHIHAYOKEMU

ローマ字読み|小文字

amanohara|furisakemireba|shiramayumi|haritekaketari|yomichihayokemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|恋歌

校異

特に無し

寛永版本

あまのはら[寛],
ふりさけみれば,[寛]ふりさけみれは,
しらまゆみ[寛],
はりてかけたり,[寛]はりてかけたる,
よみちはよけむ[寛],

巻数

第3巻

作者

間人大浦

タイトルとURLをコピーしました