万葉集379番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集379番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集379番について

歌番号

379番

原文

久堅之|天原従|生来|神之命|奥山乃|賢木之枝尓|白香付|木綿取付而|齋戸乎|忌穿居|竹玉乎|繁尓貫垂|十六自物|膝折伏|手弱女之|押日取懸|如此谷裳|吾者<祈>奈牟|君尓不相可聞

訓読

ひさかたの|天の原より|生れ来る|神の命|奥山の|賢木の枝に|しらか付け|木綿取り付けて|斎瓮を|斎ひ掘り据ゑ|竹玉を|繁に貫き垂れ|獣じもの|膝折り伏して|たわや女の|襲取り懸け|かくだにも|我れは祈ひなむ|君に逢はじかも

かな読み

ひさかたの|あまのはらより|あれきたる|かみのみこと|おくやまの|さかきのえだに|しらかつけ|ゆふとりつけて|いはひへを|いはひほりすゑ|たかたまを|しじにぬきたれ|ししじもの|ひざをりふして|たわやめの|おすひとりかけ|かくだにも|あれはこひなむ|きみにあはじかも

カタカナ読み

ヒサカタノ|アマノハラヨリ|アレキタル|カミノミコト|オクヤマノ|サカキノエダニ|シラカツケ|ユフトリツケテ|イハヒヘヲ|イハヒホリスヱ|タカタマヲ|シジニヌキタレ|シシジモノ|ヒザヲリフシテ|タワヤメノ|オスヒトリカケ|カクダニモ|アレハコヒナム|キミニアハジカモ

ローマ字読み|大文字

HISAKATANO|AMANOHARAYORI|AREKITARU|KAMINOMIKOTO|OKUYAMANO|SAKAKINOEDANI|SHIRAKATSUKE|YUFUTORITSUKETE|IHAHIHEO|IHAHIHORISUE|TAKATAMAO|SHIJININUKITARE|SHISHIJIMONO|HIZAORIFUSHITE|TAWAYAMENO|OSUHITORIKAKE|KAKUDANIMO|AREHAKOHINAMU|KIMINIAHAJIKAMO

ローマ字読み|小文字

hisakatano|amanoharayori|arekitaru|kaminomikoto|okuyamano|sakakinoedani|shirakatsuke|yufutoritsukete|ihahiheo|ihahihorisue|takatamao|shijininukitare|shishijimono|hizaorifushite|tawayameno|osuhitorikake|kakudanimo|arehakohinamu|kiminiahajikamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|奈良|神祭|枕詞|恋情|地名

校異

歌【西】謌【西(右書)】歌|短歌【西】短謌|折->祈【紀】

寛永版本

ひさかたの[寛],
あまのはらより[寛],
あれきたる[寛],
かみのみこと,[寛]かみのみことは,
おくやまの[寛],
さかきのえだに,[寛]さかきのえたに,
しらかつけ[寛],
ゆふとりつけて[寛],
いはひへを[寛],
いはひほりすゑ[寛],
たかたまを[寛],
しじにぬきたれ,[寛]ししにぬきたれ,
ししじもの,[寛]しししもの,
ひざをりふして,[寛]ひさをりふせて,
たわやめの,[寛]たをやめか,
おすひとりかけ,[寛]あふひとりかけ,
かくだにも,[寛]かくたにも,
あれはこひなむ,[寛]われはをらなむ,
きみにあはじかも,[寛]きみにあはしかも,

巻数

第3巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました