万葉集326番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集326番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集326番について

歌番号

326番

原文

見渡者|明石之浦尓|焼火乃|保尓曽出流|妹尓戀久

訓読

見わたせば明石の浦に燭す火の穂にぞ出でぬる妹に恋ふらく

かな読み

みわたせば|あかしのうらに|ともすひの|ほにぞいでぬる|いもにこふらく

カタカナ読み

ミワタセバ|アカシノウラニ|トモスヒノ|ホニゾイデヌル|イモニコフラク

ローマ字読み|大文字

MIWATASEBA|AKASHINORANI|TOMOSUHINO|HONIZOIDENURU|IMONIKOFURAKU

ローマ字読み|小文字

miwataseba|akashinorani|tomosuhino|honizoidenuru|imonikofuraku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|難波|大阪|羈旅|望郷|地名

校異

特に無し

寛永版本

みわたせば,[寛]みわたせは,
あかしのうらに[寛],
ともすひの,[寛]たけるひの,
ほにぞいでぬる,[寛]ほにそいてぬる,
いもにこふらく[寛],

巻数

第3巻

作者

門部王

タイトルとURLをコピーしました