万葉集351番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集351番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集351番について

歌番号

351番

原文

世間乎|何物尓将譬|<旦>開|榜去師船之|跡無如

訓読

世間を何に譬へむ朝開き漕ぎ去にし船の跡なきごとし

かな読み

よのなかを|なににたとへむ|あさびらき|こぎいにしふねの|あとなきごとし

カタカナ読み

ヨノナカヲ|ナニニタトヘム|アサビラキ|コギイニシフネノ|アトナキゴトシ

ローマ字読み|大文字

YONONAKAO|NANINITATOHEMU|ASABIRAKI|KOGIINISHIFUNENO|ATONAKIGOTOSHI

ローマ字読み|小文字

yononakao|naninitatohemu|asabiraki|kogiinishifuneno|atonakigotoshi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|無常|太宰府|福岡|地名

校異

且->旦【古】【紀】【矢】

寛永版本

よのなかを[寛],
なににたとへむ[寛],
あさびらき,[寛]あさひらき,
こぎいにしふねの,[寛]こきいにしふねの,
あとなきごとし,[寛]あとなきかこと,

巻数

第3巻

作者

沙弥満誓

タイトルとURLをコピーしました