万葉集296番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集296番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集296番について

歌番号

296番

原文

廬原乃|浄見乃埼乃|見穂之浦乃|寛見乍|物念毛奈信

訓読

廬原の清見の崎の三保の浦のゆたけき見つつ物思ひもなし

かな読み

いほはらの|きよみのさきの|みほのうらの|ゆたけきみつつ|ものもひもなし

カタカナ読み

イホハラノ|キヨミノサキノ|ミホノウラノ|ユタケキミツツ|モノモヒモナシ

ローマ字読み|大文字

IHOHARANO|KIYOMINOSAKINO|MIHONORANO|YUTAKEKIMITSUTSU|MONOMOHIMONASHI

ローマ字読み|小文字

ihoharano|kiyominosakino|mihonorano|yutakekimitsutsu|monomohimonashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|土地讃美|静岡|地名

校異

特に無し

寛永版本

いほはらの[寛],
きよみのさきの[寛],
みほのうらの[寛],
ゆたけきみつつ,[寛]ゆたにみえつつ,
ものもひもなし,[寛]ものおもひもなし,

巻数

第3巻

作者

田口益人

タイトルとURLをコピーしました