万葉集459番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集459番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集459番について

歌番号

459番

原文

見礼杼不飽|伊座之君我|黄葉乃|移伊去者|悲喪有香

訓読

見れど飽かずいましし君が黄葉のうつりい行けば悲しくもあるか

かな読み

みれどあかず|いまししきみが|もみちばの|うつりいゆけば|かなしくもあるか

カタカナ読み

ミレドアカズ|イマシシキミガ|モミチバノ|ウツリイユケバ|カナシクモアルカ

ローマ字読み|大文字

MIREDOAKAZU|IMASHISHIKIMIGA|MOMICHIBANO|UTSURIIYUKEBA|KANASHIKUMOARUKA

ローマ字読み|小文字

miredoakazu|imashishikimiga|momichibano|utsuriiyukeba|kanashikumoaruka

左注|左註

右一首勅内礼正縣犬養宿祢人上使檢護卿病|而醫藥無驗逝水不留|因斯悲慟即作此歌

事項|分類・ジャンル

挽歌|大伴旅人|奈良|地名|天平3年7月年紀

校異

特に無し

寛永版本

みれどあかず,[寛]みれとあかぬ,
いまししきみが,[寛]いませしきみか,
もみちばの,[寛]もみちはの,
うつりいゆけば,[寛]うつりいゆけは,
かなしくもあるか[寛],

巻数

第3巻

作者

余明軍

タイトルとURLをコピーしました