万葉集372番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集372番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集372番について

歌番号

372番

原文

春日乎|春日山乃|高座之|御笠乃山尓|朝不離|雲居多奈引|容鳥能|間無數鳴|雲居奈須|心射左欲比|其鳥乃|片戀耳二|晝者毛|日之盡|夜者毛|夜之盡|立而居而|念曽吾為流|不相兒故荷

訓読

春日を|春日の山の|高座の|御笠の山に|朝さらず|雲居たなびき|貌鳥の|間なくしば鳴く|雲居なす|心いさよひ|その鳥の|片恋のみに|昼はも|日のことごと|夜はも|夜のことごと|立ちて居て|思ひぞ我がする|逢はぬ子故に

かな読み

はるひを|かすがのやまの|たかくらの|みかさのやまに|あささらず|くもゐたなびき|かほどりの|まなくしばなく|くもゐなす|こころいさよひ|そのとりの|かたこひのみに|ひるはも|ひのことごと|よるはも|よのことごと|たちてゐて|おもひぞわがする|あはぬこゆゑに

カタカナ読み

ハルヒヲ|カスガノヤマノ|タカクラノ|ミカサノヤマニ|アササラズ|クモヰタナビキ|カホドリノ|マナクシバナク|クモヰナス|ココロイサヨヒ|ソノトリノ|カタコヒノミニ|ヒルハモ|ヒノコトゴト|ヨルハモ|ヨノコトゴト|タチテヰテ|オモヒゾワガスル|アハヌコユヱニ

ローマ字読み|大文字

HARUHIO|KASUGANOYAMANO|TAKAKURANO|MIKASANOYAMANI|ASASARAZU|KUMOITANABIKI|KAHODORINO|MANAKUSHIBANAKU|KUMOINASU|KOKOROISAYOHI|SONOTORINO|KATAKOHINOMINI|HIRUHAMO|HINOKOTOGOTO|YORUHAMO|YONOKOTOGOTO|TACHITEITE|OMOHIZOWAGASURU|AHANUKOYUENI

ローマ字読み|小文字

haruhio|kasuganoyamano|takakurano|mikasanoyamani|asasarazu|kumoitanabiki|kahodorino|manakushibanaku|kumoinasu|kokoroisayohi|sonotorino|katakohinomini|hiruhamo|hinokotogoto|yoruhamo|yonokotogoto|tachiteite|omohizowagasuru|ahanukoyueni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|春日野|奈良|野遊び|動物|地名|恋情|枕詞

校異

短歌【西】短謌

寛永版本

はるひを,[寛]はるのひを,
かすがのやまの,[寛]かすかのやまの,
たかくらの[寛],
みかさのやまに[寛],
あささらず,[寛]あささらす,
くもゐたなびき,[寛]くもゐたなひき,
かほどりの,[寛]かほとりの,
まなくしばなく,[寛]まなくしはなく,
くもゐなす[寛],
こころいさよひ[寛],
そのとりの[寛],
かたこひのみに[寛],
ひるはも[寛],
ひのことごと,[寛]ひのつきよるは,
よるはも,
よのことごと,[寛]もよのつきたちて,
たちてゐて,[寛]ゐておもひを,
おもひぞわがする,[寛]わかする,
あはぬこゆゑに,[寛]あはぬこゆへに,

巻数

第3巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました