万葉集377番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集377番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集377番について

歌番号

377番

原文

青山之|嶺乃白雲|朝尓食尓|恒見杼毛|目頬四吾君

訓読

青山の嶺の白雲朝に日に常に見れどもめづらし我が君

かな読み

あをやまの|みねのしらくも|あさにけに|つねにみれども|めづらしあがきみ

カタカナ読み

アヲヤマノ|ミネノシラクモ|アサニケニ|ツネニミレドモ|メヅラシアガキミ

ローマ字読み|大文字

AOYAMANO|MINENOSHIRAKUMO|ASANIKENI|TSUNENIMIREDOMO|MEZURASHIAGAKIMI

ローマ字読み|小文字

aoyamano|minenoshirakumo|asanikeni|tsunenimiredomo|mezurashiagakimi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|宴席

校異

特に無し

寛永版本

あをやまの[寛],
みねのしらくも[寛],
あさにけに[寛],
つねにみれども,[寛]つねにみれとも,
めづらしあがきみ,[寛]めつらしわかきみ,

巻数

第3巻

作者

湯原王

タイトルとURLをコピーしました