万葉集321番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集321番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集321番について

歌番号

321番

原文

布士能嶺乎|高見恐見|天雲毛|伊去羽斤|田菜引物緒

訓読

富士の嶺を高み畏み天雲もい行きはばかりたなびくものを

かな読み

ふじのねを|たかみかしこみ|あまくもも|いゆきはばかり|たなびくものを

カタカナ読み

フジノネヲ|タカミカシコミ|アマクモモ|イユキハバカリ|タナビクモノヲ

ローマ字読み|大文字

FUJINONEO|TAKAMIKASHIKOMI|AMAKUMOMO|IYUKIHABAKARI|TANABIKUMONO

ローマ字読み|小文字

fujinoneo|takamikashikomi|amakumomo|iyukihabakari|tanabikumono

左注|左註

右一首高橋連蟲麻呂之歌中出焉|以類載此

事項|分類・ジャンル

雑歌|富士山|静岡|地名|土地讃美|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

ふじのねを,[寛]ふしのねを,
たかみかしこみ[寛],
あまくもも[寛],
いゆきはばかり,[寛]いゆきははかり,
たなびくものを,[寛]たなひくものを,

巻数

第3巻

作者

高橋虫麻呂

タイトルとURLをコピーしました