万葉集354番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集354番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集354番について

歌番号

354番

原文

縄乃浦尓|塩焼火氣|夕去者|行過不得而|山尓棚引

訓読

縄の浦に塩焼く煙夕されば行き過ぎかねて山にたなびく

かな読み

なはのうらに|しほやくけぶり|ゆふされば|ゆきすぎかねて|やまにたなびく

カタカナ読み

ナハノウラニ|シホヤクケブリ|ユフサレバ|ユキスギカネテ|ヤマニタナビク

ローマ字読み|大文字

NAHANORANI|SHIHOYAKUKEBURI|YUFUSAREBA|YUKISUGIKANETE|YAMANITANABIKU

ローマ字読み|小文字

nahanorani|shihoyakukeburi|yufusareba|yukisugikanete|yamanitanabiku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|縄嬥浦|兵庫|羈旅|地名

校異

特に無し

寛永版本

なはのうらに[寛],
しほやくけぶり,[寛]しほやくけふり,
ゆふされば,[寛]ゆふされは,
ゆきすぎかねて,[寛]ゆきすきかねて,
やまにたなびく,[寛]やまにたなひく,

巻数

第3巻

作者

日置少老

タイトルとURLをコピーしました