万葉集381番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集381番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集381番について

歌番号

381番

原文

思家登|情進莫|風候|好為而伊麻世|荒其路

訓読

家思ふと心進むな風まもり好くしていませ荒しその道

かな読み

いへもふと|こころすすむな|かぜまもり|よくしていませ|あらしそのみち

カタカナ読み

イヘモフト|ココロススムナ|カゼマモリ|ヨクシテイマセ|アラシソノミチ

ローマ字読み|大文字

IHEMOFUTO|KOKOROSUSUMUNA|KAZEMAMORI|YOKUSHITEIMASE|ARASHISONOMICHI

ローマ字読み|小文字

ihemofuto|kokorosusumuna|kazemamori|yokushiteimase|arashisonomichi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|太宰府|福岡|餞別|羈旅|地名

校異

特に無し

寛永版本

いへもふと,[寛]いへおもふと,
こころすすむな[寛],
かぜまもり,[寛]かせまちて,
よくしていませ[寛],
あらしそのみち,[寛]あらきそのみち,

巻数

第3巻

作者

筑紫娘子

タイトルとURLをコピーしました