万葉集383番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集383番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集383番について

歌番号

383番

原文

築羽根矣|卌耳見乍|有金手|雪消乃道矣|名積来有鴨

訓読

筑波嶺を外のみ見つつありかねて雪消の道をなづみ来るかも

かな読み

つくはねを|よそのみみつつ|ありかねて|ゆきげのみちを|なづみけるかも

カタカナ読み

ツクハネヲ|ヨソノミミツツ|アリカネテ|ユキゲノミチヲ|ナヅミケルカモ

ローマ字読み|大文字

TSUKUHANEO|YOSONOMIMITSUTSU|ARIKANETE|YUKIGENOMICHIO|NAZUMIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

tsukuhaneo|yosonomimitsutsu|arikanete|yukigenomichio|nazumikerukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|筑波|茨城|山讃美|地名

校異

歌【西】謌

寛永版本

つくはねを[寛],
よそのみみつつ,[寛]よそにみなから,
ありかねて[寛],
ゆきげのみちを,[寛]ゆきけのみちを,
なづみけるかも,[寛]なつみくるかも,

巻数

第3巻

作者

丹比国人

タイトルとURLをコピーしました