万葉集332番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集332番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集332番について

歌番号

332番

原文

吾命毛|常有奴可|昔見之|象<小>河乎|行見為

訓読

我が命も常にあらぬか昔見し象の小川を行きて見むため

かな読み

わがいのちも|つねにあらぬか|むかしみし|きさのをがはを|ゆきてみむため

カタカナ読み

ワガイノチモ|ツネニアラヌカ|ムカシミシ|キサノヲガハヲ|ユキテミムタメ

ローマ字読み|大文字

WAGAINOCHIMO|TSUNENIARANUKA|MUKASHIMISHI|KISANOGAHAO|YUKITEMIMUTAME

ローマ字読み|小文字

wagainochimo|tsuneniaranuka|mukashimishi|kisanogahao|yukitemimutame

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|太宰府|福岡|望郷|地名

校異

少->小【類】【細】

寛永版本

わがいのちも,[寛]わかいのちも,
つねにあらぬか[寛],
むかしみし[寛],
きさのをがはを,[寛]きさのをかはを,
ゆきてみむため[寛],

巻数

第3巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました