万葉集245番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集245番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集245番について

歌番号

245番

原文

如聞|真貴久|奇母|神左備居賀|許礼能水嶋

訓読

聞きしごとまこと尊くくすしくも神さびをるかこれの水島

かな読み

ききしごと|まことたふとく|くすしくも|かむさびをるか|これのみづしま

カタカナ読み

キキシゴト|マコトタフトク|クスシクモ|カムサビヲルカ|コレノミヅシマ

ローマ字読み|大文字

KIKISHIGOTO|MAKOTOTAFUTOKU|KUSUSHIKUMO|KAMUSABIORUKA|KORENOMIZUSHIMA

ローマ字読み|小文字

kikishigoto|makototafutoku|kusushikumo|kamusabioruka|korenomizushima

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|土地讃美|水俣|熊本|地名

校異

特に無し

寛永版本

ききしごと,[寛]ききしこと,
まことたふとく[寛],
くすしくも,[寛]あやしくも,
かむさびをるか,[寛]かみさひをるか,
これのみづしま,[寛]これのみつしま,

巻数

第3巻

作者

長田王

タイトルとURLをコピーしました