万葉集358番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集358番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集358番について

歌番号

358番

原文

武庫浦乎|榜轉小舟|粟嶋矣|背尓見乍|乏小舟

訓読

武庫の浦を漕ぎ廻る小舟粟島をそがひに見つつ羨しき小舟

かな読み

むこのうらを|こぎみるをぶね|あはしまを|そがひにみつつ|ともしきをぶね

カタカナ読み

ムコノウラヲ|コギミルヲブネ|アハシマヲ|ソガヒニミツツ|トモシキヲブネ

ローマ字読み|大文字

MUKONORAO|KOGIMIRUOBUNE|AHASHIMAO|SOGAHINIMITSUTSU|TOMOSHIKIOBUNE

ローマ字読み|小文字

mukonorao|kogimiruobune|ahashimao|sogahinimitsutsu|tomoshikiobune

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|武庫嬥浦|兵庫|羈旅|地名

校異

特に無し

寛永版本

むこのうらを[寛],
こぎみるをぶね,[寛]こきたむをふね,
あはしまを[寛],
そがひにみつつ,[寛]そかひにみつつ,
ともしきをぶね,[寛]ともしきをふね,

巻数

第3巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました