万葉集360番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集360番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集360番について

歌番号

360番

原文

塩干去者|玉藻苅蔵|家妹之|濱褁乞者|何矣示

訓読

潮干なば玉藻刈りつめ家の妹が浜づと乞はば何を示さむ

かな読み

しほひなば|たまもかりつめ|いへのいもが|はまづとこはば|なにをしめさむ

カタカナ読み

シホヒナバ|タマモカリツメ|イヘノイモガ|ハマヅトコハバ|ナニヲシメサム

ローマ字読み|大文字

SHIHOHINABA|TAMAMOKARITSUME|IHENOIMOGA|HAMAZUTOKOHABA|NANIOSHIMESAMU

ローマ字読み|小文字

shihohinaba|tamamokaritsume|ihenoimoga|hamazutokohaba|nanioshimesamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|植物|牫侄げ

校異

特に無し

寛永版本

しほひなば,[寛]しほひなは,
たまもかりつめ[寛],
いへのいもが,[寛]いへのいもか,
はまづとこはば,[寛]はまつとこはは,
なにをしめさむ[寛],

巻数

第3巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました