万葉集384番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集384番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集384番について

歌番号

384番

原文

吾屋戸尓|韓藍<種>生之|雖干|不懲而亦毛|将蒔登曽念

訓読

我がやどに韓藍蒔き生ほし枯れぬれど懲りずてまたも蒔かむとぞ思ふ

かな読み

わがやどに|からあゐまきおほし|かれぬれど|こりずてまたも|まかむとぞおもふ

カタカナ読み

ワガヤドニ|カラアヰマキオホシ|カレヌレド|コリズテマタモ|マカムトゾオモフ

ローマ字読み|大文字

WAGAYADONI|KARAAIMAKIOHOSHI|KARENUREDO|KORIZUTEMATAMO|MAKAMUTOZOMOFU

ローマ字読み|小文字

wagayadoni|karaaimakiohoshi|karenuredo|korizutematamo|makamutozomofu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|恋愛|比喩|植物

校異

蘓->種【類】【古】

寛永版本

わがやどに,[寛]わかやとに,
からあゐまきおほし,[寛]あらあゐつみはやし,
かれぬれど,[寛]かれぬとも,
こりずてまたも,[寛]こりすてまたも,
まかむとぞおもふ,[寛]まかむとそおもふ,

巻数

第3巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました