万葉集306番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集306番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集306番について

歌番号

306番

原文

伊勢海之|奥津白浪|花尓欲得|褁而妹之|家褁為

訓読

伊勢の海の沖つ白波花にもが包みて妹が家づとにせむ

かな読み

いせのうみの|おきつしらなみ|はなにもが|つつみていもが|いへづとにせむ

カタカナ読み

イセノウミノ|オキツシラナミ|ハナニモガ|ツツミテイモガ|イヘヅトニセム

ローマ字読み|大文字

ISENOMINO|OKITSUSHIRANAMI|HANANIMOGA|TSUTSUMITEIMOGA|IHEZUTONISEMU

ローマ字読み|小文字

isenomino|okitsushiranami|hananimoga|tsutsumiteimoga|ihezutonisemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|望郷|伊勢|三重|地名

校異

特に無し

寛永版本

いせのうみの[寛],
おきつしらなみ[寛],
はなにもが,[寛]はなにもか,
つつみていもが,[寛]つつみていもか,
いへづとにせむ,[寛]いへつとにせむ,

巻数

第3巻

作者

安貴王

タイトルとURLをコピーしました